スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに紛失SAL便

超久しぶりに更新です。。。

まぁ冬眠していたと思ってください。

その間ももちろん働いてはいましたが^^;



さてさて先日アメリカに発送したお客様から

「商品が2ヶ月たっても来ないゾ」

とメールをいただきました。

届かないことよりも2ヶ月も待ってくれたことに驚き。

SAL便の印刷物の書留で送ったものです。

SAL便の印刷物だけなら追跡番号もないのでアウトですが、

書留なので追跡できるのです。

でもEMSみたいにオンラインで最後まで追跡できないのです。

アメリカ向けなら追跡できますが、それ以外の国なら日本国内までの追跡しか

画面上ではできません。


今回はアメリカ向けだったので早速ネットで調べてみると、

アメリカまでは上陸してるもよう。

あとはこっちではどうしようもないので、郵便局に行って調査依頼です。

2週間たって連絡があり

「アメリカからまだ回答がこないのでもう少し待ってくれ」

とのこと。

さらに2週間たち

「催促してもアメリカから返事がないのでどうやら紛失したみたいです」

とのこと。

あー、ついに消えちゃったのね。

じたばたしてもしょうがないので賠償手続きをしてもらいます。

書留の場合は最高6000円までなんです。

今回送ったものは6000円を超えているので残念ながら全額は返ってきません(涙)

とりあえず返してもらえるだけ返してもらいます。


一方お客さんには、同じ商品を仕入れて再送したかったのですが、

レアな商品のため超高額でしか今は手に入らないので今回は全額返金することにしました。


まぁたまにはこんなこともあるさ。
スポンサーサイト

戻ってきたEMS

先日アメリカにEMSで送った荷物が帰ってきました。

しかも送って数日で。

おかしいと思ってWebで追跡をかけてみたら、

なんとアメリカに到着した次の日には日本に向かう飛行機に乗っていたようです。

当然バイヤーさんのもとにも行ってませんし、郵便局にすら届く前のようでした。


戻ってきた荷物を確認したら開封された様子もありません。

戻ってきたときについていたメモには

「返送理由不明」

と所にチェックが入っていました。


というわけで、郵便局に対してクレームを起こさなければならなくなりました。

といっても別にクレーマーみたいに怒ってるわけではなく、

お金返してねという話をします。

ただ日本の郵便局からアメリカに問い合わせるわけですから、時間がかかるのは必須。


戻ってきた荷物はバイヤーさんにすぐに再送です。(とりあえず実費で)



郵便局の窓口で戻ってきた旨を伝えると、

調査しますとのことで調査依頼書なるものを書かされます。

ここから約1ヶ月たって連絡があり

「アメリカが間違って戻してしまったと認めたようです」

とのこと。


ここで初めて料金返還請求が出来ます。

返還請求時に書く書類はこんな書式のものです。

返還請求書

この用紙を提出後また1ヶ月くらいたってゆうちょ銀行口座に振り込まれました。

ようやく全て終わりましたが、

2ヶ月もかかるので面倒です。。。。


theme : オークションで稼ぐ
genre : ビジネス

EMSの対応していない地域

こんにちは。

勢いに乗ってここ数日書き続けています。

今回も郵便関連のお話ですが、

先日南アフリカのバイヤーさんに落札していただき、

EMS指定だったので伝票も書きインボイスも作って持っていったところ、

再び局員さんが

「ちょっと待って。。。」

と言ってなにやら調べはじめました。


で、

「この地域はEMSに対応してないようです」

との事。

以前別のバイヤーさんで南アフリカにEMSで送ったことがあったので、

てっきり大丈夫だと思っていたら駄目でした。

EMSの迅速なサービスを供給することが出来ないということで

対象外地域にされているみたいです。


ちなみにフィリピンなんかも小さな島が多い国なので

対象外地域が結構ありますのでご注意ください。


仮にEMSの日数よりちょっと遅れてもいいので、

EMSが一番安全そうだからそのまま送れないかと打診しましたが、

恐らくEMS対象外地域に送ろうとしても、

空港にある郵便局のチェックで跳ね返されて差し戻しになるだろうとの事。

結局その日はいったん持ち帰り、バイヤーさんに相談して

航空便の小包で送ることにしました。

でもEMSより送料が高いんですよね。。。。。。

差額はこっちで負担することにしましたが、EMSより高いことに納得いかねぇ~



EMS対象国でも対象外地域がありますのでご注意ください。

theme : オークションで稼ぐ
genre : ビジネス

tag : イーベイ eBay オークション 郵便局 EMS

イギリス郵便遅延中・・・・

こんにちは。

ニュースでご存知の方も多いと思いますが、

ただいまイギリスの郵便で遅延が発生しています。

理由は、ストだとのこと。

2回すでに行っているにも関わらず第3弾もあるもようです。

しかも遅れているのがなんと3500万通に達してる模様です!!

こりゃ当分影響あるでしょう~


イギリスの郵便が遅れているということは

当然日本から送ったEMSやSAL便にも影響はあります。

日本の郵便局のHPにもその旨が掲載されています。


http://www.post.japanpost.jp/int/information/2009/1030.html


イギリスのバイヤーさんには発送時に遅れそうな旨を連絡しておいたほうがよさそうですね。

theme : オークションで稼ぐ
genre : ビジネス

グアムとハワイは違う・・・・

復活後、二日続けての投稿です。

ちょっと頑張りすぎかも^^;

あまり無理するとまた放置してしまうかもしれませんのでボチボチいきます。


今日はグアムとハワイの話です。

どちらもアメリカ合衆国の一部ですが、ご存知のように太平洋上に浮かんでいる島です。

郵便における配送エリアの規定では、SAL便だとアメリカは第2地帯になっています。

ところがアメリカの海外領土の一部はアジアの第一地帯に含まれます。

ということは、アメリカでも第一地帯であれば送料が安いわけですね♪


以前、グアムのバイヤーさんがそのことをご存知で、落札後

「グアムは送料安いはずだから確認してね~」

って言われたことがありました。


今回、ハワイのバイヤーさんが落札されて、

「おっ、また来たアメリカの島だな」

というわけで第一地帯の料金を書いて郵便局に提出しに行ったら

「ちょっと、お待ちを・・・・」

ってしばらく調べに行って

「スイマセン、ハワイは通常のアメリカ第2地帯になります」

とのこと。。。。

僕はてっきりハワイもグアムも太平洋上の島だから同じだと思ってたのですが、
どうやら違ったみたいです。

おそらく輸送ルートの関係だろうとのことでした。

僕はハワイもグアムも行ったことないので、

具体的な地理関係はあんまり把握してなかったのですが、

家に帰って地図を見てみるとなるほどグアムのほうが断然日本に近いのです。


そんなわけでグアムとハワイは扱いが違いますのでご注意くださいネ。

theme : オークションで稼ぐ
genre : ビジネス

ただいま開催中の楽天イベント

効率よく楽天を仕入先に利用してみてはいかがですか~
仕入れから指南書まで


オススメネットショップ


本格的なカート付きショッピングサイトが月500円で作れちゃいます! なんと英語表記ショップ対応、ペイパルにも対応しています! 私も利用しています~
ブログ内検索
カテゴリー
海外にも送れるって!?

なんと、楽天さんは購入したものを海外にも送れるそうです。 うまく利用すればドロップシッピングも可能かもしれませんね~
月別アーカイブ
最近の記事
リンク
相互リンク大募集中です!
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
なんでもご意見くださいね~

名前:
メール:
件名:
本文:

eBayでまもなく終了するジャパンなアイテム
オークション関連ブログ
ここにもオークション情報盛がたくさんありますよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。